しんたの話。

ゲームとロボットと未来のことを話します。

庵野秀明と言う男。

今日BSで放送があって、面白そうだと思って見ることにしました。いつもはヒューマニエンスなんですが。

あの、エヴァンゲリオンの産みの親がどうやって作っていくのか興味がありました。

意外にもアナログな作りだなと思いました。模型などで色々といじって、完成の近づいたりと、なかなか気の遠くなる作業をしています。スタッフの不満はほぼ無いようでした。

結構、年数があったのだと思いました。Qが完成してから10年以上過ぎていました。

ようやく出来たのです。スタッフなど喜びは格別だったでしょう。

このコロナが落ち着いたら、見たいですねと

 

再び、徒然と。

またしても、間隔が空いてしまい申し訳ないです。

あまり、書くものもなく見つけようとはしてるのです。見つからないのです。

情報が古いので申し訳ないのですが、ケンタッキーがゲーム機を作ると言うニュースがあったのです。エイプリルフールにしては時期がっと思ったのですが、本当なのか嘘なのか判断出来ませんでした。その情報では鳥も焼けると言うものでした。

また、Googleもゲーム機を作ってはいたようですが、こちらは撤退を決めました。

なかなか上手くいかないですね。

当面は任天堂ソニーの対決になりそうですね。

では、また。

 

Xボタン。

PS5が出てどれくらいだろう?

ソフトは売れているだろうか?

そんな事をぼんやり考えていたのだけど、少し気になる情報が入って来ました。

PS5での決定ボタンをXボタンに統一するということでした。

どうも、欧米では決定ボタンがXボタンらしいのです。操作に気にならない人はかまわないかもしれないのですが、デザインする方は重要かもと思います。

国内のソフトはだいたい丸ボタンが主流だと思いますが、Xボタンだとうっかりキャンセルボタンを押してしまったと感じてしまうかもしれません。

海外では丸はチェックなど否定のサインのようです。XはOKサインらしいです。

そういえば、自分が海外ゲームをプレイしたときはXボタンだったと思います。随分と苦労したと思います。

慣れてしまえば良いのですが、不便だと感じましたね。でも、大事なこと思います。

僕が僕であるために。

タイトルの通り、尾崎豊の曲です。

10代、20代は何となく聴いてましたね。尾崎ファンの人、申し訳ない名曲ですな。見事にスルーしました。

最近では若い人でもカバーしてる人も多いようです。動画サイトでも見れます。

プロ、アマ問わず語り続くのでしょうね。

 

 

徒然と..。

だいぶ間が開けてしまいました。

世間はコロナで大騒ぎですが、いったい、いつまで続くのやら。(-_-;)

 

PS5はそれなりに売れているようですね。ソフトが不足は気になるところですが。

スイッチはPROが出るのか気になるところです。

映画なんかネットフリックスなどで配信向けが多くなってきたように思います。

でも、大画面で見たいですよね。トップガンやシンウルトラマンなんか特にね。

 

久し振りのDOCTORS 。

DOCTORSの新作がありましたね。面白かったです。

個人的にもドクターXよりも好きかも知れません。医者としてのプライドもそうですが、相良と森山のやりとりが面白い。

脚本家の福田靖さんは実に良い仕事をしたと思います。

今年のドラマは期待しても良いのかも。

岸辺露伴も面白かったし、コロナ禍でも楽しめました。