読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの話。

ゲームとロボットと未来のことを話します。

ロボットの話をしよう2。

Yahoo!のニュースを見てたら、夏目漱石をロボットを作ると言うものでした。担当は石黒浩さん。

最近ではマツコロイドを作って話題になりました。この石黒さんはリアルロボットの第一人者でジェミノイドと呼ばれる人とそっくりのロボットを作ってきたのです。

僕はこのジェミノイドはあまり好きではありません。ロボットがリアルになった方が良いのか意見が別れるところだと思います。どちらかというとロボホンの高橋智隆さんのデザインが好きです。

将来、ジェミノイドにどのような事が出来るのでしょうか?より、人に近づいていき、日常も気にならないくらいのコミュニケーションが可能になるでしょう。今は移動は出来ませんが近い将来は歩く、走るくらいは出来ると思います。

遠隔操作もやるようになるでしょう。自分とそっくりのジェミノイドを海外など会議や講演会で置き、そして操作するのです。あたかも、自分がそこにいるように会話も違和感なく成立するでしょう。

ジェミノイドはデザイン的に好きではありませんが、未来に向けて可能性があるように感じます。もちろんハードルは高いです。少しでも、リアルから逸れると人は好感度が下がってしまいます。不気味の谷と呼ばれる現象が起きるのです。より、リアルにすれば解消されます。

今後、課題になっていくと思います。果たしてリアルなロボットが人の生活圏にどう入ってくるのか、楽しみでもあります。ロボホンを作った高橋智隆さんの今後のロボットも気になります。