読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの話。

ゲームとロボットと未来のことを話します。

あなたのアイデアはいくら?

ふと、思い付いたアイデア、金額にしたらどれくらいだろうと考えた事はありませんか?

 昔、ゲームの企画職に憧れていました。よくアイデア発想の本など読んでいました。特に「アイデアのヒント」など読んでいました。でも、決定的になったのは「横井軍平のゲーム館」です。枯れた技術の水平思考など学べるものが多いです。

そのなかで横井さんは任天堂を辞めるきっかけになった一つに「任天堂が大きくなるにつれて、売り上げが5000億と金額が大きくなって100万、200万といったアイデアが惜しくなった、5000億のアイデアなんてそうそう出ませんよ」確かこのような事を言っていたと思います。

あまり、お金のことを意識する事ないなと思いました。経営者の考えとは違うのかもしれませんが、開発者が考えるコストなどはあの部品を入れたらこの部品はいくらだと言うように、コスト管理が重要になってきます。

また、横井さんは技術に凄いのは要らないと言ってます。最初はシンプルに作って中間的な物が出来て初めて、どうするかを決めていけば良いと、最初から凄い技術を持ってくると、コストが高くついて売れない物が出来てしまうと。

冒頭であなたのアイデアはいくらですかと聞いたのも、見合った金額が出せるかという、問いかけみたいな物です。

簡単に金額を言ってしまうのは、周りが見えていないのかもしれません。

企画職や開発者などは常に見える仕事をしているのでしょう。今の自分には到底、真似出来ません。