読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの話。

ゲームとロボットと未来のことを話します。

80歳でアプリ制作。

人は年をとると、やりたいことが難しくなりますね。新しい事をやるなら、なおのこと大変ですね。今回は80歳過ぎのおばあさんがSwiftでアプリ制作をしたという記事です。
80歳を超えたオババが「Swift」でiOSアプリを開発 その裏で起こっていたミラクルストーリー - ITmedia NEWS

プログラマーの限界年齢は35歳と言われてますが、限界は超えてますね。(*^_^*)
自分はプログラムに四苦八苦してました。その次の翻訳の勉強も苦労しました。
改めて思ったのは、仲間は大事だという事を痛感しました。テストではないので、遠慮しないで聞いたり、手伝ったりしても良いのです。

空想教室を書いた、植松努さんは小学生に簡単なロケットを作らせてます。作るときは植松さんは何も言いません。子供たちに考えてもらいます。話し合って決めたり、教え合うこともOKです。
とにかく、完成させること。触れること、考えることの楽しみを重視しているのです。
植松さんの話は頷けることが多いです。参考にリンクしました。
多様化と画一化 - 植松努のブログ(まんまだね)

先ほどの80歳のおばあさんの話ですが、勉強するのに年齢的なものは関係無いのかと考えてしまいます。元々、シニア向けのアプリが少ないと言う不満がアプリ制作に向かって言ったようですが、確かにシニア向けは少ないです。ゲームにしても、娯楽が少ないように思います。

市場としてはあまりにもニッチでビジネスにはならないのかも知れませんが、将来的にはビジネスになっていくのだと思います。
でも、希望が湧いてきたのではないでしょうか。諦めた事にトライする事や、新しい事をやってみようと感じてくれれば良いと思うのです。