読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんたの話。

ゲームとロボットと未来のことを話します。

任天堂の話をしよう。

最近、任天堂が元気が無いように感じます。自分は任天堂のファンですから余計に気になります。
WiiUは持ってませんが、少し昔の話が出来そうです。

僕はファミコンを手に入れたのが中学1,2年くらいですね。ちょっと遅いですよね。他のゲーム機があって、時間がかかってしまったのです。ようやく、買うめどがついて購入したのです。ソフトはもうつまらないゲームでした。でも、誰も持っていないので貸し借りなどありましたね。お陰で色んなソフトに出会えました。

任天堂のゲームは面白いけど難しい感じがします。ゼルダの伝説スターフォックスなど面白いけど歯ごたえもあり、途中あきらめてしまう事が多かったです。
特にNintendo64の頃は会社自体、大変だったと思うのですが、64で出したソフトが面白かったと思います。どうぶつの森もそうです。

ゲームボーイもロングセラーになりました。当時はモノクロで小さい画面で何が面白いのかと言われましたけど、遊んでみると画面の大きさは気になりませんでした。後にインタビュー集で「横井軍平のゲーム館」が当時のゲームボーイに対する考え方、遊びに対する考え方、読んでみると、面白いです。今は文庫本でも出ています。オススメの1冊です。

DSは当時の山内溥社長が2画面にするようにと指示があったそうです。当時ネットでは組長と呼ばれていましたけど、ゲームに取り組む姿勢は誰よりも情熱があったと思います。また、勘の鋭さも他の経営者とは違うように思います。

最近亡くなってしまいましたけど、岩田聡社長も他の経営者とは違うように思えます。個人的には本が出て欲しいです。特にほぼ日での対談は読んでみる価値ありです。もしかしたらこれが、本になるかも知れませんね。

Wiiほどの勢いが無くなってしまいましたが、任天堂ブランドは不変だと思います。次回出すNXも情報はありませんが、きっと何か仕掛けてくるでしょう。
今のゲーム機にネット接続が当たり前になってきました。ファミコン時代もネット接続はあったのですよ、主に株取引が中心でしたが。

ある意味ゲーム機とネット接続は悲願だったのですが、スマホが出て状況は一変しました。もうゲーム機が不要の時が来るのかも知れません。それでも、任天堂がゲーム機を出せば買うでしょう。任天堂はまだ魅力を失ってません。NXが楽しみですね。